炎炎ノ消防隊ネタバレ245話感想!アーサー対ドラゴンの戦いが始まる

炎炎ノ消防隊ネタバレ245話感想!アーサー対ドラゴンの戦いが始まる
Pocket

今回は炎炎ノ消防隊ネタバレ245話感想!アーサー対ドラゴンの戦いが始まると題してお届けしていきます。

2020年11月25日(水)発売の週刊少年マガジンで炎炎ノ消防隊245話が掲載されました。

前話の244話については確定次第追記します。

詳しくは「炎炎ノ消防隊ネタバレ244話感想!森羅とアーサーの喧嘩の原因は?」をご覧ください。

それでは炎炎ノ消防隊ネタバレ245話感想!アーサー対ドラゴンの戦いが始まるについて見ていきましょう。

 

炎炎ノ消防隊ネタバレ245話最新確定速報!竜と騎士、再戦

 

竜と騎士、再び相見える

遂にアーサーの前に現れたドラゴン。

座っているアーサーの横に立ちはだかる姿に「ドラ」。

顔のアップで「ゴン」。

アーサーがようやく立ち上がり「来たかドラゴン」と声を掛ける。

ドラゴンが「童(わっぱ)こりもせず」と答える。

ドラゴンスレイヤーの称号はここでしかもらえないようだからな!

剣を抜きながら語るアーサー。

まさに騎士、完全にアーサーの世界観に入っています。

ドラゴンはアーサーを見下ろしながら「たわけ者、儂の前には何も残らぬ」と一蹴。

 

真エクスカリバー登場

二人が正面から向き合った次の瞬間!

アーサーのエクスカリバーがドラゴンを狙う。

ドラゴンがアーサーに対しそれはと問う。

アーサーは大鍛冶師ヴァルカンが星の石より鍛え上げ蘇らせた真エクスカリバーだと答える。

アーサーがドラゴンに向かって一閃するとすさまじい威力の風圧が。

ドラゴンはその攻撃を見て凄まじい剣風と笑いながら言う。

普通の人であれば確実に仕留められるほどの剣技なのにドラゴンには傷一つつけることは出来ない。

アーサーも一撃で決めるつもりだったがやはりドラゴンと納得しあせりもしない。

 

アーサーとドラゴンの攻撃の応酬

ドラゴンもアーサーの一撃にこれほどの剣技で斬れぬものはないだろうと言う。

但し「儂以外は!!!」と言いながらアーサーの背後から一撃を浴びせる。

ドラゴンの攻撃に空中に避けるアーサー。

更にドラゴンが吹きとべいと攻撃を放つ。

アーサーが紫電で空中の岩を飛び移りながらドラゴンの攻撃を避ける。

ドラゴンの攻撃も食らえば一撃クラスの攻撃。

ドラゴンがアーサーの姿を見失い空中に飛びアーサーを探す。

 

アーサーとドラゴンの戦いが始まる

空中に飛んだドラゴンの背後からアーサーが攻撃を仕掛ける。

その一撃は確実にドラゴンの胴を貫いた。

はずだった。

ドラゴンは回転しながら右手でアーサーを殴り地面に叩きつける。

その風圧に地上の焔人達が巻き込まれ消えていく。

アーサーは何事もなかったかのように地面にうまく着地する。

ドラゴンとアーサー、二人は全くノーダメージ。

二人の戦いはこれからが本番です。

 

炎炎ノ消防隊245話感想

 

アーサーの強さってエンドレス?

遂に宿敵ドラゴンとの戦いが始まりましたが、アーサーのあの落ち着いた雰囲気、かっこいいですね。

最初のころのアーサーはちょっといけすかない感じかと思いましたが、すぐに馬鹿が露呈して森羅と良いコンビになりました。

なんだかんだ森羅のこと好きだし、人を守る意思は強いですからね。

なんだかんだ間違ったことは許さないと言う騎士道素晴らしいです。

前回エクスカリバーが壊されてしまったときは戦意喪失していましたが、今回は真エクスカリバーですからね。

ドラゴンの圧倒的な強さに対してもまだ落ち着き払ってますしね。

しかしアドラバーストを使わないのに騎士の世界観にいることでここまで強くなれるって。

アーサーはいったいどれだけ強くなるんでしょうかね。

 

アーサーとドラゴンの戦いはやばすぎ

ドラゴンは自分の体の一部分を焔化することが出来ます。

その体格からの攻撃や圧倒的な防御力。

確かに並みの人間なら太刀打ちできないでしょうね。

今回はアーサーとの戦いになりますが、バーンズや紅丸が戦ったらどうなるのか気になります。

さすがに叶わないカードなんですけどね。

恐らくドラゴンも今まで本気の力は出したことがないんじゃないですかね。

今回アーサーの前に初めて本気の力を出す時が来るんじゃないでしょうか。

アーサーもドラゴンに傷つけられた際に更に新技を出すんじゃないでしょうか。

二人の圧倒的な力に周りの人たちが巻き込まれないか心配です(笑)

 

まとめ

今回は炎炎ノ消防隊ネタバレ245話感想!アーサー対ドラゴンの戦いが始まると題してお届けして来ましたが如何でしたでしょうか。

遂にアーサーの宿敵ドラゴンとの戦いが始まりました。

前回は全く敵わなかった相手にどう立ち向かっていくのか。

次回は2020年12月2日(水)発売の246話についてお届けします。

最後までお読み頂き有難う御座いました。