ゴールデンカムイ271話ネタバレ感想!鶴見中尉が金塊の謎に近づく!

ゴールデンカムイ271話ネタバレ感想!鶴見中尉が金塊の謎に近づく!
Pocket

今回はゴールデンカムイ(金カム)271話ネタバレ感想!鶴見中尉が金塊の謎に近づく!と題してお届けしていきます。

2021年3月11日(木)発売のヤングジャンプでゴールデンカムイ(金カム)の271話が掲載されました。

前話の270話では鶴見中尉の家族を撃った銃の持ち主が判明しました。

また有古が杉本たちと合流しアシリパを取り戻すこととなりました。

詳しくは「ゴールデンカムイ270話ネタバレ最新感想!鶴見中尉の家族を撃ったのはウイルクだった!」をご覧ください。

それではゴールデンカムイ(金カム)271話ネタバレ最新確定と予想!鶴見中尉が金塊の謎に近づく!についてご覧ください。

またゴールデンカムイ(金カム)の最新刊24巻は既に読みましたか?

まだ読んでいない、もう一度読み返したいという方には電子書籍がお勧めです。

電子書籍なら今すぐ無料で読めますし、わざわざ書店に行って売り切れということもありません。

また、ゴールデンカムイのアニメも見れるのでお勧めです。

>>今すぐゴールデンカムイを無料で見る<<

 

ゴールデンカムイ271話ネタバレ予想!

 

ゴールデンカムイ271話ネタバレ予想!:有古が二階堂と鉢合わせする?

教会の周辺を見張っている二階堂。

教会に現れた有古と二階堂が鉢合わせする可能性もありそうです。

二人が鉢合わせした場合も有古はすぐに撃つことはないでしょう。

二階堂と鉢合わせした際はまず状況を確認し中に誰がいるのか聞くんじゃないでしょうか。

そして周りが包囲されているなどの嘘を用意し鶴見中尉のもとに行こうとするんじゃないでしょうか。

 

ゴールデンカムイ271話ネタバレ最新確定速報!まだら模様の金貨

 

ゴールデンカムイ271話ネタバレ最新確定速報!有古と二階堂が鉢合わせ

教会の前で様子を伺っていた有古。

その背後に現れたのは教会の周辺を見張っていた二階堂。

二階堂が有古に銃を突きつけながらなぜここにいるのかと問いかける。

有古は銃を払いのけながら、さっきまで土方とサッポロビール工場にいたが散り散りになっていたので、土方たちの場所を鶴見中尉に伝えに来たと嘘をつく。

有古は鶴見中尉は中にいるのかと問うも二階堂は有古の鼻に銃をぐりぐり突きつけながら、この教会のことは誰から聞いたのかと問う。

今回の笑いポイントは二階堂が有古の顔に銃をぐりぐりしたり鼻の穴に銃を突っ込んでいるところでしょう(笑)

有古はあせりながらも菊田から聞いたと答え、教会の裏のほうで杉本がいたらしいと伝える。

杉本の名前を聞いた二階堂はすぐにスギモトを探しに走り去っていった。

 

ゴールデンカムイ271話ネタバレ最新確定速報!アイヌの金貨はまだら模様

鶴見中尉は北海道は日本に帰属意識があるものが統治するべきだと話す。

そしてアシリパに苫小牧で亡くなったアイヌたちの遺品から見つかった金貨を見せる。

アイヌの7人も独立国を夢見て金貨を作り、アイヌの結束を呼びかけようと考えたのだろうと。

しかし金の含有率が違う金貨は混ざり合うことはなくまだら模様。

まさに殺された7人の結末を示すような金貨だった。

 

ゴールデンカムイ271話ネタバレ最新確定速報!ゴールデンカムイ

アイヌが昔から大切にしてきた宝物には黄金を使った宝物は一つもない。

そもそもアイヌにとって黄金は役に立たないものだった。

砂金を探したことにより川が汚れ魚が取れなくなった。

アイヌはすべてのものにはカムイがいると信じている。

小物や食器、家などをはじめ天災や疱瘡など人間をおびやかすカムイもいる。

アイヌにとって黄金のカムイは災厄をもたらす悪い神様なのではないかと鶴見は言う。

 

ゴールデンカムイ271話ネタバレ最新確定速報!ゴールデンカムイがすべての元凶

鶴見中尉はアシリパに金塊がなければ7人のアイヌたちが殺しあうことはなかった。

今までなくなったウイルクやキロランケ、入れ墨を掘られた囚人。

そして今金塊を探している土方や白石、杉本などアシリパの愛する人間はみんな殺される。

鶴見中尉はアシリパに金塊を放棄するように詰め寄る。

ソフィアがアシリパに暗号の解き方を話さないようにさえぎる。

 

ゴールデンカムイ271話ネタバレ最新確定速報!アシリパが鶴見中尉に暗号を・・・

さえぎるソフィアにウイルクの皮をかぶせる鶴見中尉。

ソフィアは皮をかぶせられたことによって息ができない。

鶴見中尉はアシリパに脅しは通じないと分かっていたからこそ言い訳をあげようと言う。

そしてソフィアを窒息死させるほどの勢いでアシリパに詰め寄る。

アシリパは思い当たることはあると言い、鶴見中尉が興奮した時に流れ出る脳汁がどばどばと流れ出す。

そして・・・ホロケウオシコニと答えてしまう。

 

ゴールデンカムイ271話感想

 

ゴールデンカムイ271話感想!:二階堂いい味出してます

やっぱり有古の前に二階堂が現れましたね。

そして有古の顔に銃をぐりぐりするしつこさ。

完全に脅しているというより顔に突き付けて遊んでいますよね。

有古も最初は軽い感じで払いのけようとしたのに鼻に突っ込まれたときは本気で嫌がっていますからね。

怖がっているというよりは完全に嫌がっています。

そして杉本の名を聞いた瞬間に走り去っていく二階堂。

鶴見中尉の命令を忠実に聞きながら有古を疑わずに走り去るなんてよっぽど執着していますね。

 

ゴールデンカムイ271話感想!:ゴールデンカムイは元凶だった

今回の鶴見中尉の話を聞いてゴールデンカムイの怖さを感じましたね。

アイヌにとってはすべてにカムイが宿っている。

全てに感謝して暮らしているアイヌにとって確かに砂金は元凶だったのかもしれません。

砂金を掘ることで川が汚れアイヌは飢えてしまった。

それだけでは終わらずアイヌの金塊を求めることにより沢山の犠牲者が出てしまった。

もし金というものに関わることがなければアイヌはどうなっていたのか。

鶴見中尉の言う金塊こそが元凶という言葉は間違ってはなさそうです。

そして鶴見中尉のアシリパから暗号を聞き出すやり方は非道すぎます。

ソフィアに対してはもしかしたら過去に革命軍と会わなければという想いもこもっているかもしれません。

やっぱり鶴見中尉は本心が見えないし怖い存在ですね。

 

まとめ

今回はゴールデンカムイ271話ネタバレ感想!鶴見中尉が金塊の謎に近づく!と題してお届けして来ましたが如何でしたでしょうか。

鶴見中尉の話やキロランケの手紙で過去のことがだんだん明らかになってきました。

その話を聞いたアシリパは何を思うのか。

次回は2021年3月18日(木)発売の272話についてお届けします。

最後までお読み頂き有難う御座いました。