ゴールデンカムイネタバレ最新259話確定と感想!房太郎に捕まったアシリパを助けるのは?

ゴールデンカムイネタバレ最新259話確定と予想!房太郎に捕まったアシリパを助けるのは?
Pocket

今回はゴールデンカムイ(金カム)ネタバレ最新259話確定と予想!房太郎に捕まったアシリパを助けるのは?と題してお届けしていきます。

2020年11月12日(木)発売のヤングジャンプでゴールデンカムイ(金カム)の259話が掲載されました。

前話の258話ではサッポロビール工場での脱出劇と房太郎の裏切りが語られました。

杉本と離され房太郎に捉えられてしまったアシリパ。

果たしてアシリパの行方はどうなるのか。

それではゴールデンカムイ(金カム)ネタバレ最新259話確定と感想!房太郎に捕まったアシリパを助けるのは?についてご覧ください。

またゴールデンカムイ(金カム)の最新刊23巻は既に読みましたか?

まだ読んでいない、もう一度読み返したいという方には電子書籍がお勧めです。

電子書籍なら今すぐ無料で読めますし、わざわざ書店に行って売り切れということもありません。

また、ゴールデンカムイのアニメも見れるのでお勧めです。

>>今すぐゴールデンカムイを無料で見る<<

 

ゴールデンカムイネタバレ259話最新確定速報!故郷を作る

 

房太郎が懲罰房に入った理由

網走監獄で懲罰房から戻ってきた房太郎。

背の高い房太郎が頭をぶつけながら入ってくる。

白石が「よお海賊じゃん」と声を掛け、二瓶が「懲罰房から出してもらえたのか」と声を掛ける。

房太郎が懲罰房に入っていた理由、それは上エ地との乱闘だった。

房太郎は上エ地が「房太郎の叔母が外で待ってる」と嘘をつきからかっていた。

そのことに対し房太郎が上エ地を殴り殺そうとしていた時に、岩息が止めに入ったおかげで上エ地は殺されることはなかった。

 

白石は金塊を手に入れたらどうしたいのか

白石は房太郎に対しそんな冗談にいちいち腹を立てて懲罰房にぶち込まれるのは割に合わないと言う。

房太郎は白石に外で待っている人はいるのか、家族はいるのかと問いかける。

いねえよ、俺は寺に捨てられてたんだと白石が答えると、房太郎は「なら少しでも俺の気持ちもわかるだろ?」と白石に同意を求める。

そして白石に監獄を出たら寺に帰るのかと聞く。

白石はガキの頃に逃げたきりだし、寺も残ってるか分からない。

独り身の爺さん和尚がいるボロイ寺だったからと答える。

白石は顔をにやつかせながら「まあ・・・金塊を手に入れて日本中の遊女に会いに行こうかな」と答える。

それを聞いた二瓶が白石に「止めとけよお前なんかが金塊なんて・・・入れ墨は脱獄の手段程度に思っておけよ」と諭す。

 

房太郎の夢は王様になる事

白石が房太郎に海賊ちゃんはどうすんの?と聞くと「俺は王様になる」と答える。

房太郎は南の国の小さな島で自分の国をつくることが夢らしい。

二瓶が権力者になりたいのかと聞くと房太郎は「俺の親や兄弟は14人もいたのにみんな疱瘡で死んだ」と語る。

その為死にきれないほどの大家族が欲しい、家族たちの住む国を作って王様の子供たちが房太郎のことを国民に語り継ぐ。

房太郎の生きた証をみんなが忘れないように。

その夢を聞いた二瓶と白石は房太郎をちゃかす。

「我が国の初代国王は?誰か分かるひと!」。

白石ははなたれ小僧の真似をし「あい!海賊ボウタロウ国王陛下です!!」と答える。

そのやり取りを見ていた房太郎が一言「もう一回懲罰房いったろうか

 

房太郎は寂しがり屋だった

白石はまじめな顔で房太郎はすっごい寂しがり屋さんなのね、寂しさの反動が王様ってのがお前らしいけどよ・・・と優しい声を掛ける。

白石は自分はすでに王様だぜ、脱獄王だけどと言う。

そんなもんただの逃走犯じゃねえか。

捕まって脱獄するのを一生繰り返すつもりか?

自分の国を作るってのはさ「故郷を作る」ってことだ。

誰も俺と俺の家族を疎まない「帰ってこられる場所」だ。

シライシも帰る故郷が無いなら作ったらいいと房太郎が優しいまなざしで言った。

 

アシリパを助けたのは鯉登だった

房太郎はアシリパに金塊なんて忘れて故郷で杉本と家族になっちまえと言う。

杉本は工場のなかでせっかく樺太で取り返したアシリパをまた連れ去られた自分に腹を立て這いながら進んでいるところに白石が現れる。

一方アシリパを連れ去ろうとする房太郎の背後には鯉登が。

「誰だ貴様は、その子はアシリパだな?」

房太郎が長い髪を振り乱し鯉登に殴りかかる。

銃で撃とうとするも房太郎の右手を月島が撃つ。

房太郎は分が悪いと思い、アシリパを連れて地下へ逃げ込む。

ビールの溜まった地下を進もうとする房太郎に対しアシリパは「金塊が奪われたら私たちはどうやって故郷を守ればいい?」と問いかける。

その問いに房太郎は何も言えなかった。

その瞬間背後から鯉登が房太郎の左肩に切りかかる。

鯉登の刀は房太郎の左肩に見事に食い込み、更に振り下ろそうとする。

 

鯉登は果たして生きているのか

房太郎はビールの洪水の中を一人泳ぎながら逃げる。

鯉登はあの深手で泳いで逃げるとは何者だ?と訝しがる。

月島が地下にいる鯉登に声を掛け、鯉登が月島に早く来るように叫ぶ。

アシリパを確保したぞ月島ァ!!

そう叫ぶ鯉登の背後に貞子、いや房太郎が。

ゴールデンカムイ259話

月島が地下に現れた時には房太郎と鯉登の姿はなかった。

残されたのはアシリパと鯉登の刀だけだった。

 

ゴールデンカムイネタバレ259話感想

今週のゴールデンカムイも面白かったですね。

房太郎の意外な一面が知れた感じがします。

監獄での3人で話していた時の房太郎の思い。

家族をよほど愛していたからこそ一人になってしまったのが寂しかったんでしょうね。

そして一人にならないように王様になって家族を作り、自分を忘れないようにする。

権力が欲しいわけでなく、ただ房太郎と言う人間を忘れないで欲しい。

切ない気持ちになります。

あれだけ傷を負ったにも関わらず鯉登を連れ去った房太郎はどうなるんでしょう。

二人とも生きているということは考えにくい・・・ということはどちらかが命を落とす展開になりそうです。

 

まとめ

今回はゴールデンカムイ(金カム)ネタバレ最新259話確定と感想!房太郎に捕まったアシリパを助けるのは?と題してお届けして来ましたが如何でしたでしょうか。

房太郎と鯉登どちらが生き残るのか、それとも二人とも命を落とすのか。

月島の手に渡ったアシリパはどうなるのか。

次回は11月19日発売の260話についてお届けします。

最後までお読み頂き有難う御座いました。