ゴールデンカムイ270話ネタバレ最新感想!鶴見中尉の家族を撃ったのはウイルクだった!

ゴールデンカムイ270話ネタバレ最新感想!鶴見中尉の家族を撃ったのはウイルクだった!
Pocket

今回はゴールデンカムイ(金カム)270話ネタバレ最新感想!鶴見中尉の家族を撃ったのはウイルクだった!と題してお届けしていきます。

2021年3月4日(木)発売のヤングジャンプでゴールデンカムイ(金カム)の270話が掲載されました。

前話の269話ではアイヌの遺体の正体が判明しました。

またキロランケがなぜウイルクを殺したのかも語られましたね。

詳しくは「ゴールデンカムイネタバレ最新269話感想!アイヌの被害者は8人だった!」をご覧ください。

それではゴールデンカムイ(金カム)270話ネタバレ最新確定と予想!鶴見中尉の家族を撃ったのはウイルクだった!についてご覧ください。

またゴールデンカムイ(金カム)の最新刊24巻は既に読みましたか?

まだ読んでいない、もう一度読み返したいという方には電子書籍がお勧めです。

https://twitter.com/guitar_gf_life/status/1362709383239532544

電子書籍なら今すぐ無料で読めますし、わざわざ書店に行って売り切れということもありません。

また、ゴールデンカムイのアニメも見れるのでお勧めです。

>>今すぐゴールデンカムイを無料で見る<<

 

ゴールデンカムイ270話ネタバレ予想!

ゴールデンカムイ270話ネタバレ予想:杉本と有古が手を組む?

白石たちと遭遇した有古。

土方・鶴見両陣営に属している有古ですが、以前に菊田と遭遇した際に誰も俺のことは信用しないと言っています。

その際に菊田に父親の意思は忘れろと言っています。

が、シロマクルはアイヌの仲間割れの際にウイルク側にいます。

このタイミングで杉本たちと合流したことで手を組む可能性もあるんじゃないでしょうか。

 

ゴールデンカムイ270話ネタバレ予想:月島は鶴見中尉を裏切るのか?

今まで鶴見中尉に心酔していた月島。

数話前の作中の月島の「はぁ?」がどんな感情の「はぁ?」なのか。

月島は鶴見中尉が自分の妻と娘の骨を大切に持っていたことを聞くことになってしまいました。

月島はいご草ちゃんという大切な想いを捨て去ったのに。

なのに鶴見中尉は・・・という感じで切れたんじゃないでしょうか。

 

ゴールデンカムイ270話ネタバレ予想:鶴見中尉の行動は全て計画?

前話で鶴見中尉はソフィアの感情を揺さぶるように話しかけていました。

鶴見中尉は二階堂に周辺を見張るように指示しています。

その際に鯉登たちが戻ってきても教会に近づけるなとも言っています。

それは土方や杉本達に包囲されないようにということですが、本当にそうなんでしょうか。

鶴見中尉の事だから鯉登や月島が近くにいることに気づいている?

そのうえで敢えて聞こえるように言い、教会の中を確認して誰にも聞かれない話をする雰囲気を出した?

鶴見中尉は鯉登の変化に気づいたうえで次の手を考えている可能性もありそうです。

 

ゴールデンカムイ270話ネタバレ予想:鶴見中尉の感情は本心?

今までの鶴見中尉の行動から前話の話はなんか裏がある気がします。

が、骨を握りながら話している時のこぶしの力の入れぐあい。

血管が浮き出ていることから本心のような気もします。

鶴見中尉は本当にフィーナとオリガを愛していた。

あの二人が生きていたら別の人生を歩んでいたかもしれない。

個人的には鶴見中尉の本心であって欲しいと思いますが。

 

 

 

ゴールデンカムイ270話ネタバレ最新確定速報!全ての元凶

 

ゴールデンカムイ270話ネタバレ最新確定速報:有古の心境に変化が

前話で白石たちと遭遇した有古。

土方の行方を杉本が聞くとアシリパを探し回っていると有古は答える。

杉本は戦力2名じゃ心もとないなと言う。

その時の白石の顔、今週はここが笑いのポイントですね(笑)

有古はアシリパがどこにいるか知っているのかと問いかける。

白石は鶴見中尉が協会に監禁しているが中に何人いるかわからないし、外にも見張りがいると答える。

有古は自分が中に入って見てきて状況次第ではアシリパを連れ去ると言う。

杉本たちは有古がどっちの人間か分からないと言うが、有古はアシリパを見ていて自分が恥ずかしくなった。

だから力になりたいと言い、杉本は有古にかけることにする。

 

ゴールデンカムイ270話ネタバレ最新確定速報:フィーナとオリガを撃ったのはウイルクだった

鶴見中尉は全ての元凶がどこあるかと問う。

ウイルクが自分の身の上を明かしていたら、日本に渡ってこなければ7人のアイヌもキロランケも、フィーナとオリガも死ぬことはなかったと。

もしあの時っていう仮定の話ではあるけれど…考えさせられますね。

鶴見中尉は二人の骨を捨てられなかった真意を話しましたがまた月島がきれそうです。

そして鶴見中尉はすべてを話したソフィアにオリガの頭の中から見つかった銃弾を見せる。

その銃弾はソフィアの持っていた銃でもなくキロランケの使った機関銃でもなく秘密警察の持っていた銃でもなかった。

そう、ウイルクの持っていた銃の弾丸だった。

フィーナとオリガを撃った銃はウイルクの銃だった。

私が疑いすぎなのかまだ鶴見中尉が本心で話しているのか謎です。

 

ゴールデンカムイ270話ネタバレ最新確定速報:まさかウイルクの顔が・・・

鶴見中尉は弾丸を床に投げ捨て弾丸を見つめているアシリパに声をかける。

アシリパの目の前にはウイルクの皮をかぶった鶴見中尉の姿が。

このシーン本当にびっくりしましたよ。

本当にある意味怖いです・・・。

鶴見中尉がウイルクの真似をしてアシリパに語りかける。

その姿が異様すぎて…怖い。

アシリパはウイルクが鶴見中尉を悲しい人にしてしまったのかと思っています。

 

ゴールデンカムイ270話ネタバレ最新確定速報:鶴見中尉の本当の目的

そしてソフィアが妻と子供を殺した男に対する復讐だったのかと問いかけます。

月島はもしそれが本当ならぶっ殺してやると息巻いていますが。

でも鶴見中尉は復讐するのであればいくらでも機会があった。

あくまで自分の目的は日本国の繫栄であると答えます。

その目的に進む道のかたわらに自分の小さな個人的な弔いがあるだけだと。

自分の弔いだけのためにその道をそらすということは断じてない、そう言い切った鶴見中尉の言葉を聞いてほっとする月島。

今週の2番目のお笑いポイントがここで登場。

月島の肩に手をかける鯉登の顔・・・ほんと毎回毎回急にお笑いポイントが出てくるのが・・・好きです(笑)

 

まとめ

今回はゴールデンカムイ(金カム)270話ネタバレ最新感想!鶴見中尉の家族を撃ったのはウイルクだった!と題してお届けして来ましたが如何でしたでしょうか。

鶴見中尉の言葉に葛藤するアシリパ。

果たしてアシリパは今後どんな選択をするのか。

次回は2021年3月11日発売の271話についてお届けします。

最後までお読み頂き有難う御座いました。