鬼滅の刃鬼上限下弦の違いは?力の差はどのくらいある?

鬼滅の刃鬼上限下弦の違いは?力の差はどのくらいある?
Pocket

今回は鬼滅の刃鬼上限下弦の違いは?力の差はどのくらいある?と題してお届けしていきます。

鬼滅の刃に出てくる鬼ですが上弦の鬼と下弦の鬼、下っ端の鬼が存在しています。

主に上弦と下弦は鬼舞辻無惨が選んだ直属の部下ともいうべき存在です。

では上限下弦の違いは何なんでしょうか?

もちろん力の差はありますが他にはどんな違いがあるんでしょう。

 

鬼滅の刃鬼上限下弦の違いは?

 

鬼滅の刃鬼上弦と下弦の違いって何?

まず鬼舞辻無惨の元には十二鬼月と呼ばれる12人の鬼がいます。

その中でも上限6人と下弦6人に分かれています。

では何を基準に上限と下限に分かれているのか。

ずばり強さの順に数字振られています。

強さの順番としては上弦の壱が一番強く下弦の陸が一番弱いと言うことになります。

上弦下弦

また、上限は両目、下限は片目に数字が刻まれているのが特徴です。

 

鬼滅の刃なぜ十二鬼月?

鬼舞辻無惨は元々鬼を作った張本人です。

上弦の参猗窩座(あかざ)の回想シーンで鬼舞辻無惨と出会った際、無惨が12体ほど強い鬼を作ろうと思っているといい自身の血を分け与えています。

十二鬼月は鬼舞辻無惨の血を分け与えられ、かつ耐えることが出来た鬼の中でも選ばれし鬼ということになります。

その中でより強い12人が十二鬼月として選ばれたと言うことになりますね。

 

十二鬼月は何故上限と下限に分かれている?

理由としてはやはり強さではないでしょうか。

上弦と下弦では明らかに強さが違います。

中でも上弦の壱、弐、参は格段の強さではないでしょうか。

上弦は百年余り顔ぶれが変わっていないにも関わらず下弦は何度も入れ替わっています。

あまりの不甲斐なさに6巻で下弦が集まった際に下弦を解体してしまいました。

下弦の壱と伍以外は鬼殺隊と戦うシーンもなく無惨に瞬殺されてしまいましたからね。

 

上弦と下弦は入れ替わる?

無惨は上限は百年余り顔ぶれが変わっていないと発言しています。

ただし、今回上弦の肆と陸は半天狗と堕姫・妓夫太郎が倒された為入れ替わりました。

上弦と下弦が入れ替わる場合は2通りあるみたいです。

一つは先に述べたように欠番が出てしまった際に無惨の独断で穴埋めをする。

二つ目は下弦が上弦の鬼に「入れ替わりの決戦」を申し込んで勝利した場合、置き換えられます。

今回の入れ替えについては肆はもともと無惨の近くにいた鳴女、陸については上弦の壱の黒死牟(こくしぼう)が推薦した獪岳(かいがく)が新上弦となりました。

 

下弦から除外された鬼もいる

実は作中で下弦から除外され十二鬼月に戻るために出てきた鬼もいます。

それは21話で出てきた響凱(きょうがい)です。

元々下弦の陸でしたが、以前ほどの人間の肉の量を食べられなくなったことにより鬼舞辻無惨から数字を剝奪されてしまったのです。

その為量を取らなくても栄養価が高く強くなれる稀血で力を得ようとしましたが炭治郎に倒されたことで十二鬼月に戻ることは出来ませんでした。

 

十二鬼月以外の鬼は2種類?

十二鬼月に選ばれていない鬼もたくさんいます。

その中で「異能の鬼」と呼ばれる鬼がいます。

異能の鬼は沢山の人間を食らい、力をつけ「血鬼術」が使える鬼です。

十二鬼月に入るにはまず異能の鬼になることが一番じゃないでしょうか。

そこからさらに強くなることで下弦の鬼に昇格できる可能性が出てきます。

異能の鬼にもなれない鬼はその他の鬼ということですね。

 

鬼滅の刃鬼上限下弦力の差はどのくらいある?

 

上弦と下弦では力の差はどのくらいある?

同じ十二鬼月でも上弦と下弦では圧倒的に力の差があります。

無惨が下弦は役に立たないとして解体してしまったほどですからね。

では実際にどのくらいの差があるかというと。

下弦は柱一人、もしくは鬼殺隊何人かで倒せる強さ。

上弦は少なくとも柱3人でないと倒せない強さ。

しかも上弦の壱に関しては柱3人、不死川玄弥の4人でようやく倒せたほどです。

とは言っても柱の時透無一郎と不死川玄弥が犠牲になってしまいましたが。

 

上弦の壱は圧倒的な強さ

上弦が入れ替わる場合に「入れ替わりの決戦」があります。

上弦の壱の黒死牟(こくしぼう)は上弦の壱から動いたことはないそうです。

過去数百年で入れ替わりの決戦を申し込まれたのは3回のみ。

そのうちの一回は上弦の参の猗窩座(あかざ)です。

猗窩座(あかざ)は黒死牟(こくしぼう)のお気に入りだったらしく、本来であれば入れ替わりの決戦で負けた場合は自身に吸収してしまいますが無惨の許可を得て生かしたそうです。

 

上弦の弐は鬼舞辻無惨に好かれていないのに弐

実は上限の弐童磨(どうま)は無惨に好かれていません。

しかも上弦の参猗窩座(あかざ)よりも後から十二鬼月になったものの上に上り詰めています。

このことからも十二鬼月の数字は強さということになりますね。

猗窩座(あかざ)が童磨(どうま)に入れ替わりの決戦を申し込んでいないのはなんでなんでしょう?

猗窩座(あかざ)後から来たということとうるさいということで童磨(どうま)のことは好きではありません。

実は申し込んでも童磨(どうま)の性格から受けてもらえないのか。

それとも実力差を分かっているのでしょうか。

ちなみに下弦の陸の堕姫と妓夫太郎はが童磨(どうま)が上弦の陸の時にスカウトしたみたいです。

 

新上弦の陸の獪岳(かいがく)は特別?

本来上弦になるには無惨の独断か、入れ替わりの決戦で入れ替わる場合です。

しかし新しく上弦の陸になった獪岳(かいがく)は十二鬼月はおろか下弦にも属してはいませんでした。

無惨の独断と言えば独断に当てはまりますが、恐らく信頼が厚かった上弦の壱の黒死牟(こくしぼう)の推薦だからこそ無惨が許可したという感じでしょうね。

まぁ作品の流れとして善一の兄弟分ということで物語が進んだことも関係はあるかと思いますが。

 

新上弦の肆鳴女は無惨の独断

鳴女ももともと十二鬼月には属していなく無惨の側近でした。

鳴女は探知探索が得意であり利便性と情報の正確さから無惨が重宝していたようですね。

確かに玉壺が不確定の情報を無惨に発言した際には首を切断されていましたからね。

確定していない情報を嬉々として伝えるなと怒っていました。

そう考えると正確な情報を伝える鳴女を信頼して昇格させたのも頷けます。

また、鳴女がいたことで無限城が存在していたのも重宝していたんじゃないでしょうか。

 

まとめ

今回は鬼滅の刃鬼上限下弦の違いは?力の差はどのくらいある?と題してお届けしてきましたが如何でしたでしょうか。

鬼滅の刃はそれぞれの鬼に注目して読んでみるとまた違った見方が出来るので何度も楽しめます。

上弦下弦の違いや入れ替わりなどもあり奥が深いですね。

残念ながら解体された下弦で瞬殺された4人の戦いも見てはみたい気持ちもありますが。

最後までお読み頂き有難うございました。