チェンソーマン72話ネタバレ最新確定と予想!パワーはこの先どうなるのか

チェンソーマン72話ネタバレ最新確定と予想!パワーはこの先どうなるのか
Pocket

今回はチェンソーマン72話ネタバレ最新確定と予想!パワーはこの先どうなるのかと題してお届けしていきます。

2020年6月8日(月)発売の週刊少年ジャンプにて「チェンソーマン」の72話が掲載されます。

前回の71話では闇の悪魔がトラウマになったパワー。

パワーとの接し方の中で知らなくてもいいことを気づいたデンジが掲載されましたね。

詳しくは前記事「チェンソーマン71話ネタバレ最新確定!デンジとパワーが一緒にお風呂に!」をご覧ください。

それではチェンソーマン72話ネタバレ最新確定と予想!パワーはこの先どうなるのかについて見ていきましょう。

後半はネタバレになっているのでご注意ください。

\チェンソーマンを無料で見る/

>>チェンソーマン最新刊無料で電子版を読む方法は?<<

 

チェンソーマン72話ネタバレ最新確定と予想!パワーはこの先どうなるのか

前回サンタクロース編が終わった後のシーンでしたが深かったですね。

派手な戦闘シーンから一転、戦いが終わりこの先どうなるのか。

知らなくていいことを知ってしまったときのデンジはどうするのか。

この先の展開をズバリ予想してみました。

 

パワーは闇の悪魔のトラウマを克服する?

前回は通常の生活も一人でこなせないほど闇の悪魔がトラウマになってしまったパワー。

今後銃の悪魔を倒すという目的があるなかでパワーは一体どうなるんでしょう。

個人的にも最初から好きなパワーなのでこのまま戦線離脱はして欲しくないですね。

どうやったらパワーのトラウマが克服できるのかはまだ不明ですが。

さすがにここまでトラウマになってしまうと、闇の悪魔の記憶をパワーから消さないと無理な気がしないでも。

 

公安はどうなる?

サンタクロース編で多数の犠牲者を出した公安。

もはや課で分ける程の人数はいないんじゃないでしょうか。

サンタクロースを倒したとはいえどまだまだ悪魔は存在します。

まだデビルハンターの仕事は必要ですよね。

アキも片手を失ってしまってますし。

また新たにデビルハンターなるものを集める必要があるんじゃないでしょうか。

 

コベニは公安を辞めれない

前回コベニが退職届を出したとアキが言っていました。

しかしコベニは家計を助けるためにデビルハンターか風俗しかないと言っています。

まさかデビルハンターを辞めることはないんじゃないでしょうか。

あくまで退職届を出しただけであって受理されたかは不明です。

アキもコベニが辞めたとは言ってませんしね。

コベニは過去にも何回か辞めると言ってますけど結局残ってますし。

コベニカーの修理代も必要になるんじゃないでしょうか。

さらにコベニは戦闘力が高いですからね。

今回の戦闘でかなりの人間と魔人が犠牲になりました。

そう考えるとコベニはなくてはならない存在じゃないでしょうか。

 

見どころや予想みんなの声

 

72話最新確定速報!みんな一緒

今週も考えさせられるシーンでしたね〜。

 

みんなで北海道旅行

急遽アキが北海道に帰ると言い出すもついて行きたいという二人。

パワーも先週に比べたら落ち着いたみたいで良かったです。

いつものパワーに比べたらちょっと大人しくなった感じですね。

相変わらず旅行中は騒がしい二人でしたが(笑)

二人ならではのアキを元気付ける作戦だったのかもしれませんね。

 

アキが墓参りで考えが変わる

墓参りの夜雪を見ながら会話するデンジとアキ。

アキはデンジとパワーと出会ってから今までのことを色々と思い出していたんじゃないでしょうか。

もともと弟を銃の悪魔に殺され、その憎しみで行きてきたアキ。

そんなアキが4課を銃の悪魔退治には不参加でと伝えましたが。

サンタクロース編でたくさんの犠牲者も出て、色々と考えたんでしょうね。

このままこの3人で暮らして行きたいと思ったんじゃないでしょうか。

ただ、そうはうまくいかないでしょうね。

今後も銃の悪魔との戦いで悲しい結末が起こりそうですね。

 

まとめ

今回はチェンソーマン72話ネタバレ最新確定と予想!パワーはこの先どうなるのかと題してお届けして来ましたが如何でしたでしょうか。

正直な話、チェンソーマンは作者が神すぎて予想が付きにくいです。

私のような凡人ならなおさらですが。

なのであくまで個人的希望なんかも入ったりしている部分はご了承くださいね。

来週からはまた新章になるかと思いますが、こんどはどんな悪魔が出てくるのか楽しみですね。

次回は6月15日(月)発売の73話についてお届けします。

今回も最後までお読み頂き有難う御座いました。

過去記事はこちら