ゴールデンカムイ268話ネタバレ最新感想!ウイルクとキロランケの10年間に何が?

ゴールデンカムイ268話ネタバレ最新確定と予想!ウイルクとキロランケの10年間に何が?
Pocket

今回はゴールデンカムイ(金カム)268話ネタバレ最新感想!ウイルクとキロランケの10年間に何が?と題してお届けしていきます。

2021年2月10日(水)発売のヤングジャンプでゴールデンカムイ(金カム)の268話が掲載されました。

前話の267話ではキロランケとウイルクの過去が描かれました。

なぜウイルクとキロランケが別の道を歩むことになったのか明らかになりました。

詳しくは「ゴールデンカムイ267話ネタバレ最新感想!ウイルクとキロランケの想い」をご覧ください。

それではゴールデンカムイ(金カム)268話ネタバレ最新感想!ウイルクとキロランケの10年間に何が?について見ていきましょう。

またゴールデンカムイ最新刊24巻はもうご覧になりましたか?

ちなみに前巻を今すぐ無料で読みたいという方は、公式サイトのU-NEXTで読むのがお勧めです。

U-NEXTなら31日間無料体験でき、見放題の映画やアニメ・雑誌も読み放題です。

また、無料トライアル中でも600円分のポイントがもらえるのでゴールデンカムイの最新刊も読めてしまいます。

>>今すぐゴールデンカムイ最新刊を読む<<

 

ゴールデンカムイ268話ネタバレ最新確定速報!一本の毒矢

 

ゴールデンカムイ268話ネタバレ:カムイを忘れたらアイヌも消える

ウイルクはキロランケとの別れ際に最後の言葉を発しました。

それはアシリパの幸せを祈っている、自分で荊の道を選んで幸せを掴もうとする人間になって欲しい。

ソフィアのように・・・。

アシリパはその言葉を聞きウイルクはそういう人間だと言う。

鶴見中尉は自分の家族を守りたいだけなら戦わずにひっそりと隠れて暮らせばいいと言う。

アシリパはその言葉にそしてみんなアイヌの言葉もカムイの事も忘れてしまうと答える。

親から子に伝えられるカムイの話は自分たちがその土地で生きていける方法を教えてくれる!!

カムイを忘れたらアイヌも消えるのにッ

 

ゴールデンカムイ268話ネタバレ:鶴見中尉が真相をアシリパに話す

アシリパの言葉に鶴見中尉がカムイを守るためにウイルクたちがどんな悲惨な最後を遂げたのか教えてあげようと言う。

ウイルクとキロランケが別れたころ、鶴見中尉達もキムㇱプの出どころを突き止め、シロマクルに辿り着いていた。

シロマクル達がキムㇱプを捕まえたのはひと月も前の事、今頃アイヌの男たちは金塊を見つけていると言う。

鶴見中尉はなぜシロマクルが一緒に行かなかったのかと問う。

シロマクルは他のアイヌのやり方についていけなかったと言う。

キムㇱプはがんとして隠し場所を教えなかった、その行動にアイヌの男たちは孫や弟に危害を加えると脅す。

まさか、キムㇱプの孫がチカパシだったとは。

チカパシは家族を疱瘡で亡くして天涯孤独になっています。

まさか自分の祖父が金塊のありかを知っていたとは思わないでしょうね。

もしかしたらチカパシに何かヒントになることを伝えている可能性もありそうです。

 

ゴールデンカムイ268話ネタバレ:アイヌの男たちをまとめていたのはウイルク

鶴見中尉がシロマクルに自身は金塊のありかを聞けたかと問うも、シロマクルは彼らが聞きだす前に分かれたと言う。

アイヌによっては和人上手くやってきた地域もあれば、強い憎しみを抱えた者がいるのも事実。

ウイルクと共に集まっていたアイヌの6人は曲者ぞろいだし関係も浅い、だがそれをまとめていたのがウイルクだった。

シロマクルは一つの例を出す。

ある地域では土を食べるという風習があるが、土を食べないアイヌが和人に馬鹿にされると言う。

アイヌが喧嘩しそうになった瞬間、ウイルクが仲裁に入る。

その土は珪藻土と言ってアメリカの先住民や和人も食べていたと。

アイヌの男たちはウイルクの説明に納得しウイルクに対して信頼をしていた。

 

ゴールデンカムイ268話ネタバレ:鶴見中尉がウイルクに毒矢を放つ

シロマクルはそのまとめていた男に興味を持ちシロマクルに名前を問う。

その名前と顔の特徴を聞いた瞬間、鶴見中尉はウイルクとまた繋がったことにより一本の毒矢を放つ。

それはかつてウイルクが帝政ロシアと戦っていたゲリラで革命運動の資金として金塊を探していると。

鶴見中尉達が小屋を出て様子を見ているとシロマクルが慌てて出ていった。

そう、シロマクルは金塊のありかを知っていて別れた仲間にウイルクの正体を伝えに言った。

鶴見中尉達はシロマクルの後を追うも足が速くて追いつけない。

その時遠くで銃声が鳴り響く。

 

ゴールデンカムイ268話ネタバレ:ウイルクがのっぺらぼうになった理由が明らかに

鶴見中尉達が銃声のしたほうに向かい明け方頃に一人のアイヌを見つける。

その瀕死の男の胸にはマキリが。

鶴見中尉がウイルクにやられたのかと問いかけると、アイヌの男はみんなで殺し合いになったと言う。

それはウイルクの正体を知りかばうものとそうでないものによる殺し合い

これこそが鶴見中尉が放った毒矢。

昔から本当に鶴見中尉は人を動かすのが得意ですね。

そして更にアイヌを探したいたときに宇佐美が見つけたのは・・・。

地面に落ちたウイルクの顔をした首。

そう、ウイルクは自分の皮を剥いで他人の生首にかぶせて自分の死を偽装していた。

 

ゴールデンカムイ268話ネタバレ感想

 

ゴールデンカムイ268話ネタバレ感想:キムㇱプの孫がチカパシだったとは

今週も内容が濃すぎてやばかったですね。

アイヌの殺し合いの真相、そしてウイルクがのっぺらぼうになった理由まで。

しかもキムㇱプの孫がチカパシとは。

キムㇱプには孫と弟がいると言っていました。

キムㇱプの弟って誰なんでしょう。

今までにどこかのタイミングで出てきてたんでしょうか。

もしかしたら読み返したらヒントがありそうですが・・・また24巻読むのは時間がかかりますね(笑)

 

ゴールデンカムイ268話ネタバレ感想:のっぺらぼうの真相が明らかに

また気になっていたウイルクののっぺらぼうですが、ここで明らかになりましたね。

まさか自分の顔の皮を剥ぐなんて想像するだけでやばいんですけど。

しかもあんな奇麗に剥ぐとか・・・。

あれは本当に自分でやったのか・・・それとも誰かにやってもらったのか。

まだアイヌの男が二人しか見つかってないことを考えると誰かにやってもらったと思ってしまいますね。

 

ゴールデンカムイ268話ネタバレ感想:鶴見中尉の話は本当?

しかし鶴見中尉の話は本当なんでしょうか。

その点も気になります。

いつもの鶴見中尉の人を信用させる巧みな話術にも思えますし、本当のような気もします。

鶴見中尉の目的は金塊ですが、実の家族を亡くす要因となったソフィアとウイルクの娘を目の前にしてどう思うんでしょう。

容赦ない鶴見中尉ですから用がなくなったらもしかして・・・とも思ってしまいます。

 

ゴールデンカムイ268話ネタバレまとめ

今回はゴールデンカムイ(金カム)268話ネタバレ最新感想!ウイルクとキロランケの10年間に何が?と題してお届けして来ましたが如何でしたでしょうか。

キロランケがソフィアにあてた手紙からのこの展開。

この後のウイルクとキロランケがどうなったのかが非常に気になりますね。

次回は2021年2月25日(木)発売の269話についてお届けします。

最後までお読み頂き有難う御座いました。