チェンソーマン84話ネタバレ最新確定と予想!マキマはチェンソーマンのファンだった!

チェンソーマン84話ネタバレ最新確定と予想!マキマはチェンソーマンのファンだった!
Pocket

9月10日(木)最新情報追記しました。

今回はチェンソーマン84話ネタバレ最新確定と予想!マキマはチェンソーマンのファンだった!と題してお届けしていきます。

2020年9月14日(月)発売の週刊少年ジャンプでチェンソーマンの84話が掲載されます。

前回の83話ではマキマがデンジを引き連れ復活の日と話していました。

そこへ岸辺率いるマキマ討伐隊が現れ攻撃を開始しました。

詳しくは前記事「チェンソーマンネタバレ83話最新確定と予想!ポチタとデンジの契約が解消される?」をご覧ください。

それではチェンソーマンネタバレ84話最新確定と予想!マキマはチェンソーマンのファンだった!について最後までお付き合いください。

後半はネタバレになっているのでご注意ください。

また、最新刊8巻はもうご覧になりましたか?

まだ読んでいない、今までの話を読み返したいという方は電子書籍もお勧めです。

電子書籍なら今すぐ無料で読めますし、わざわざ書店に行って売り切れということもありません。

>>今すぐ最新刊を無料で読む<<

 

84話ネタバレ最新予想!

吉田のタコがチェンソーマンを捉える

地獄の悪魔を一瞬にして切り裂いたチェンソーマン。

岸部はそこまでの予想はしているでしょう。

あえて地獄の悪魔に意識を向かせて、隙から吉田のタコがチェンソーマンを捉える。

岸部は以前に契約の対価として払えるものは体に残っていないとの情報があります。

が、姫野みたく岸部が命を懸けて自分の悪魔を召喚しチェンソーマンを倒すこともあるかもしれません。

 

岸部がマキマを殺す

岸部はチェンソーマンではなくマキマを狙うかもしれません。

やはりマキマが全てを支配することが最悪のシナリオ。

チェンソーマンを足止めしている間にマキマを狙う。

と言っても、マキマさんは28回も死んでいることを考えると難しいかもしれませんね。

京都に行くときに射殺されたときも新幹線から降りて来た時には蘇ってました。

もしかしたらマキマさんの本体は別のところにいるのかもしれません。

 

コベニが現れデンジを正気に戻す

ここまで出てこなかったコベニちゃん。

退職届を出してはいるものの受理はされているか謎です。

そしてコベニの契約している悪魔も不明です。

身体能力の高いコベニが契約している悪魔が支配を解く悪魔とか?

なんとなくコベニにそろそろ出てきてほしい気持ちです。

 

岸部は無惨にもマキマによって殺される

最悪でありながらありうる展開はこれでしょう。

岸部はマキマが人間の見方をしている限りは見逃していましたが、今回は討伐隊の責任者ですからね。

マキマからしたら岸部は遅かれ早かれ始末する対象じゃないでしょうか。

恐らくマキマ自身が手を下すんじゃないでしょうか。

 

84話ネタバレ予想ツイート!

 

84話最新確定速報!地獄のヒーロー

チェンソーマンが地獄に落とされる

チェンソーマンによって一瞬で切断された地獄の悪魔。

消滅しかける地獄の悪魔に黒服の部下が血を飲ませて一言。

「仕事して死ね」

その瞬間チェンソーマンの上に扉が出現し、巨大な手に潰される。

マキマ曰くチェンソーマンが地獄に落とされたとのこと。

岸部がマキマに銃を突きつけるも衝撃的な一言が。

「内閣総理大臣との契約により、私への攻撃は日本国民の病気や事故に変換されます」

ということは、今までマキマさんは28回死んだと言っていたが28人の日本人が犠牲になったってことですよね。

マキマさんを殺すたびに日本国民が犠牲になるなんて・・・アメリカの寿命を減らすよりも衝撃的です。

 

マキマはチェンソーマンのファンだった

マキマは岸辺からなぜ銃を向けられても平気なのかと問いを受ける。

マキマはチェンソーマンに助けを求めた、必ず帰ってくると信じているとのこと。

その理由が「私は彼のファンです、地獄のヒーロー、チェンソーマン」

 

チェンソーマンは悪魔を食べる

地獄に下りたチェンソーマンは手当たり次第に悪魔を皆殺しにする。

叫ばれた悪魔も、助けを求めた悪魔もバラバラにされる。

その恐ろしさに多くの悪魔がチェンソーマンを殺しにかかるも何度もエンジンをふかして起き上がる。

そのめちゃくちゃな活躍に怒るもの、逃げ惑うもの、崇拝するもの。

そしてチェンソーマンが最も恐れられる理由。

それはチェンソーマンが食べた悪魔は、その名前の存在がこの世から消えてしまうとのこと。

しかも食べられた名前の存在自体が、過去現在、個人の記憶から消えてしまう。

そういえば過去にマキマさんとデンジが二人で映画を見た時も、最後以外がつまらなかったのは存在が消えたものを含んだ映画だったからかもしれませんね。

「ナチス、第二次世界対戦、エイズ、核兵器、比尾山大噴火、アーノロン症候群、粗唖」

過去に存在しその名前を持つ悪魔と同様に恐れられていたもの。

しかしその名前思い出すのはマキマさんだけだという。

チェンソーマンがすべて食べてしまったから。

他にも色々と消えてしまい、マキマさんですら思い出せないものも。

ただ唯一、その悪魔たちとチェンソーマンが戦う姿だけは今でも覚えているとのこと。

 

マキマの本当の狙いは?

マキマは、岸辺に語ります。

死、戦争、飢餓、この世には亡くなったほうが幸せになれるものが沢山あると。

それをすべてチェンソーマンの力で消し去ると。

確かにこれが目的ならマキマさんのやっていることは正しいかもしれません。

が、如何せんマキマさんですからまだ本当の狙いはありそうです。

また、岸辺がマキマさんに「オマエが負けて食われることは考えないのか?」と問いかけます。

しかしマキマは「それもまた私の望みです」と答えます。

マキマさんはチェンソーマンに食べられ体の一部になる、それほど光栄なことはないと。

そしてチェンソーマンが地獄から戻り会話は終わる。

ん~、マキマさんがチェンソーマンに食べられたら支配の悪魔がいなくなる?

ということは世界から支配という概念がなくなるのか?

 

まとめ


今回はチェンソーマン84話ネタバレ最新確定と予想!マキマはチェンソーマンのファンだった!と題してお届けして来ましたが如何でしたでしょうか。

久々に出てきた岸部隊長の部隊もあっけなくやられ地獄の悪魔も瞬殺。

この後岸辺は一体どうなるのか。

次回は85話についてお届けします。

最後までお読み頂き有難う御座いました。

>>最新刊発売日はいつ?

>>最終回ネタバレ!