ブラッククローバー276話ネタバレ最新感想!遂にダークトライアドとの戦いが始まる!

ブラッククローバー276話ネタバレ最新確定と予想!遂にダークトライアドとの戦いが始まる!
Pocket

今回はブラッククローバー(ブラクロ)276話ネタバレ最新確定と予想!遂にダークトライアドとの戦いが始まる!と題してお届けしていきます。

2020年12月21日(月)発売予定の週刊少年ジャンプにて「ブラッククローバー」の276話が掲載されます。

275話ではメレオレオナと魔人の戦いが描かれました。

また騎士団長たちがそれぞれダークトライアドと対峙しました。

詳しくは「ブラッククローバー275話ネタバレ最新感想!メレオレオナ覚醒で魔人に勝てるのか?」をご覧ください。

それではブラッククローバー(ブラクロ)276話ネタバレ最新確定と予想!遂にダークトライアドとの戦いが始まる!について見ていきましょう。

またブラッククローバー(ブラクロ)の最新刊26巻はもうご覧になりましたか?

まだ読んでいない、今までの話を読み返したいという方は電子書籍もお勧めです。

電子書籍なら今すぐ無料で読めますし、雨の中わざわざ書店に行って売り切れということもありません。

置き場所も必要ありませんし、外出先でも読むことが出来ます。

>>今すぐブラッククローバー(ブラクロ)最新刊を読む<<

 

ブラッククローバー(ブラクロ)276話最新確定速報!ボレオス

 

ユノ・ランギルス対ゼノンの戦いが始まる

対スペード王国戦、初戦の相手はヤミとヴァンジャンスを連れ去ったゼノン。

ゼノンの元へ辿り着いたユノとランギルス。

ゼノンはレジスタンスが忍び込んでいたと思っていたがレジスタンスでなかったことに気づく。

そしてユノが現れたことに対しなぜ生きていると問いかける。

ユノはヴァンジャンス団長の魔法の力だ、団長を返してもらうぞとゼノンに宣戦布告する。

ユノが開幕一番ゼノンに向かって風魔法を放つ。

しかしゼノンの魔法は骨魔法による「絶対防御」。

圧倒的な速さと再生速度、それにより大抵の物理攻撃が通じない。

ユノが放った風魔法も防がれてしまう。

 

ランギルスの空間魔法も敵わない

ゼノンはユノに対し馬鹿なことをする、国でじっとしていればあと少し生き長らえたものをと言う。

ランギルスが空間魔法を発動させながら自分の留守中に随分と好き放題やってくれたそうじゃないかと言う。

そんな奴を放ったままじっとしていられる性質じゃなくてね!!と言いながら”大天使の撃墜”を放つ。

ゼノンはランギルスが空間魔導士だということに気づく。

ランギルスが放った”大天使の撃墜”をいとも簡単に空間魔法で支配してしまうゼノン。

もちろんユノもゼノンの悪魔の力による「絶対空間」は把握済み。

空間魔法でその空間の魔を完全に支配する、つまり相手の魔法の魔(マナ)にすら干渉し封殺してしまう。

ゼノンは自分がいなければランギルスが最強の空間魔導士だったろうと語る。

ランギルスは口元に笑みを浮かべ、そんなナメた口を利くやつに出会うのは久しぶりだよと言いながら「空間魔法”大天使の撃滅”」を発動する。

自分の空間魔法の相殺狙いでランギルスが来たことは分かるが・・・と言いながらゼノンが”空魔掌握”を発動する。

 

ユノとベルがスピリットダイブ

この空間に入ってしまうと魔導士自体が魔法を保つことさえできない。

ゼノンは一歩も動かないまま一度負けたものが同行するとは愚の骨頂。

オマエ達の団長と同じだ・・・馬鹿な選択をする、くだらない誇りや夢、そんなものを持つからオマエらはオレをここから一歩も動かすことさえできずに死ぬんだ。

ゼノンの骨魔法がユノとランギルスに襲い掛かろうとする。

ユノが息を吐きながらベルに声を掛けベルが現れる。

ベルもユノと同じように、以前にやられたことを糧に今度は自身とユノでゼノンを倒すと意気込みユノと同化する。

”スピリット・オブ・ボレアス”

その威圧感と魔法の形状に一瞬動揺するゼノン、しかし”空魔掌握”の空間内では何の力も出せないと変わらず余裕の表情。

 

ユノ遂に覚醒しゼノンへダメージを与える

「オレは魔法帝になる男だ」

ユノはそう言いゼノンに負けたまんまではいられねえんだよとゼノンの骨魔法を全身の魔で砕く。

ゼノンはユノが空間内の魔(マナ)を更なる力で支配しているのかと考えるも、すぐに違うことに気づく。

そう、ユノは魔(マナ)に愛されている。

そしてユノの左手から放たれた武器がゼノンに向かって突きつけられる。

骨魔法でその攻撃を防いだかのように見えるゼノン。

「オマエを一歩も動かすことさえできず死ぬ・・・だったか?」とユノが良い、ユノの攻撃が骨魔法を貫きゼノンの胴を抉り取る。

「誰が?」と冷めた表情で言うユノ。

その言葉にランギルスが「本当死ぬほど負けず嫌いだな君も」とあきれた表情で発する。

ユノが覚醒しゼノンへの強烈な一撃が決まったが、このままで終わる事はないでしょう。

 

ブラッククローバー(ブラクロ)276話感想

 

ユノの技名はギリシア神話の神?

やはり初戦はユノとゼノンの戦いとなりましたね。

絶対防御と空間魔法を持つゼノンに対して空間魔法のランギルスがどう対応するのかと思いましたが、放った割には今一つだった気が。

確かにランギルスの空間魔法は強いんですが、ゼノンの空魔掌握の前には成す術もなく。

というか、ゼノンの空魔掌握が強すぎるでしょう。

空間内の魔導士の魔法を封じ込めてしまうってことは普通に考えればアスタぐらいしか対抗できないじゃないですか。

その空間に閉じ込められて骨魔法発動されたら正直一瞬でしょう。

そんな中ユノが覚醒しましたね。

ボレアスってタイトルにもついてますし技名にもついていますが、これは恐らく北風の神のことではないでしょうか。

ぼれあーすはギリシア神話の風の神で、冷たい冬の空気を運ぶ北風の神です。

ボレアスの名は「北風」あるいは「むさぼりつくす者」という意味らしいですね。

今回ユノの技はゼノンの胴体をえぐっていますが、むさぼりつく者という意味にも当てはまっている気がします。

 

ランギルスはまだ活躍する?

ユノの技で胴体を抉り取られたゼノンですが、さすがに一撃で終わる事はないでしょう。

これで終わってしまったら、久々に出てきたランギルスの意味が・・・。

ランギルスの空間魔法を生かすにはゼノンの空魔掌握を解除する必要があります。

恐らくゼノンは更に悪魔化する可能性があります。

そうなるとさすがのユノだけでは敵わない可能性があります。

そこでユノとランギルスの共闘シーンが出てくるんじゃないですかね。

ヴァンジャンス団長を救うために、旧と現の副団長が共闘する、ぜひ見てみたいです。

 

まとめ

今回はブラッククローバー276話ネタバレ最新感想!遂にダークトライアドとの戦いが始まる!と題してお届けして来ましたが如何でしたでしょうか。

次回は2021年1月4日(月)発売の277話についてお届けします。

最後までお読み頂き有難う御座いました。

>>ブラッククローバー(ブラクロ)最新刊無料で電子版を読む方法は?

>>ブラッククローバー(ブラクロ)最新刊発売日はいつ?

>>ブラッククローバー(ブラクロ)最終回ネタバレ予想!