炎炎ノ消防隊243話ネタバレ最新確定と感想!オグンの訓練校時の思い出とは?

炎炎ノ消防隊243話ネタバレ最新確定と感想!オグンの訓練校時の思い出とは?
Pocket

今回は炎炎ノ消防隊243話ネタバレ最新確定と感想!オグンの訓練校時の思い出とは?と題してお届けしていきます。

2020年11月11日(水)発売の週刊少年マガジンで炎炎ノ消防隊の243話が掲載されました。

前話の242話はオグンとカロンの激しい戦いが描かれました。

また、オグンがなぜ東京を守るのかその理由もはっきりとしました。

しかし、オグンはカロンに一撃をくらわされてしまいます。

果たしてオグンとカロンはこの後どうなるのか。

それでは炎炎ノ消防隊243話ネタバレ最新確定と感想!オグンの訓練校時の思い出とは?についてご覧ください。

また炎炎ノ消防隊は現在アニメでも放送中です。

二ノ章が始まりさらに盛り上がってきましたね。

まだ見ていないという方はこの機会に見てみては如何でしょうか。

U-NEXTならアニメはもちろんのこと、電子書籍も読めてしまいます。

しかも電子書籍なら今すぐ無料で読めますし、わざわざ書店に行って売り切れということもありません。

他にもアニメや映画なども見れるのでお勧めです。

>>今すぐ炎炎ノ消防隊を無料で見る<<

 

炎炎ノ消防隊243話最新確定速報!あのころ俺たちは

オグンは倒されていなかった

圧倒的なカロンの攻撃でノックダウンしたオグン。

カロンはオグンを背に第8に向かって誰でもいいぞ、かかって来いと発する。

爆風をみて環が「オグン!!」と叫ぶ。

カロンが茉希に向かい「そこのフード、次はお前か」と問いかける。

茉希はその問いに答えずあの無敵の男を攻略できる人間なんて・・・と呟く。

白装束がカロンと正面からまともにやり合える奴なんていない。

アイツへの一番の対策は相手にしないことだと呟く。

その時剣に手をかけたアーサー。

しかしカロンの背後には立ち上がったオグンが。

オグンはアーサーにドラゴンに備えておくように伝える。

立ち上がったオグンに驚きを隠せないカロン。

 

カロンの無敵の力にどう対処するのか

オグンは立ち上がるもののどうやってカロンを攻略するか考える。

オングが放ったパンチの衝撃は全て吸われる。

その時カロンのカウンターに目を付けたオグン。

蓄えられたエネルギーの放出と吸収は同時にできない。

このカウンターにカウンターを。

オグンの一撃がカロンの顔面に入りオグンは確信するも、カロンの左パンチがオグンの胴に入る。

カロンはただの打撃なら吸収状態を保ちながら攻撃も出来るとオグンに伝える。

そのままエネルギーを放出。

オグンは再び地面に倒れ、こんな怪物をどうやって止めると考える。

 

オグンの訓練校時代の思い出

森羅とアーサーの喧嘩のシーンから回想が始まる。

入学式で森羅の挨拶に何かを感じたオグン。

森羅が外を歩いているとアーサーに声を掛けられる。

も、アーサーはすぐに近くの女性から声を掛けられる。

その姿を見て森羅がぽつりと「もう女子に人気なんだな」と呟く。

アーサーはさも当たり前のように騎士だからなと答える。

そこにオグンが現れる。

 

オグンは首席で入学した超エリート

オグンは筆記・実技共に首席で入学した超エリートだった。

なのに偉ぶるわけでもなく「個人の成績は関係ない!消防官はチームだからな」と発する。

その言葉を聞いた二人はオグンはまさに消防官の鑑(かがみ)と感じる。

そしてオグンはそのチームには森羅やアーサーのようなヒーロー志向の人間も必要だと優しい声を掛ける。

森羅は直球でオグンにオマエいい奴だなと投げかける。

悪人ではないから仲良くしようぜと森羅と拳を交わすオグン。

さりげなくアーサーも輪の中には入ってるんですね。

遠くで見ていた同級生も実技試験最速のシンラと最高火力のアーサーと主席のオグン、結局カーストトップ同士でつるむんだよなぁと言っています。

 

森羅の親殺しの噂を流したのはヨナ?

その光景を見ていた火鱗が舌打ちをすると、隣に来た同級生がウワサを知っているかと問いかけます。

「あ?」と答えた火鱗に対し同級生は森羅が親と弟を殺した悪魔だと、そんな奴がみんなのヒーローの消防官になろうなんてありえないよねぇと話しかけます。

火鱗は本当のことなのかと問いかけるも、同級生はそれには答えずオグンとかいい奴だから騙されなきゃいいけど・・・心配だわと心にない言葉を言います。

その姿はヨナ!?

ヨナが同級生に化けて森羅の噂を流していたみたいですね。

一瞬にして噂が広まった学校。

森羅を見る周りの同級生たちがひそひそとあれは噂じゃなくて事実らしい、親殺しの悪魔。

そんな声を聞き顔が引きつってしまう森羅に対し「オイ・・・笑ってるぞ・・・怖ぇ・・・」

 

森羅が悪魔でもオグンは変わらない

森羅を心配して声をかけるオグン。

オグンは気にすんなよと森羅に声をかけると、森羅はオグンは噂を信じないのかと聞く。

じゃぁ本当に森羅が?と聞くと、森羅はきょどりながら違う、俺は、あの時・・・と答える。

その言葉を聞いたオグンは違うんだよなと言い、よくわかんねぇ噂で仲間を疑いはしねぇよ、それにこれから同じ隊に配属されるかもしれないんだしと言う。

その言葉を聞いた森羅が笑うと、そのにやにやするのはやめろよとオグンが言う。

森羅は癖なんだからしょうがないだろと言うと、オグンは変な奴と一言。

場面は授業のバスケットの試合に切り替わり、同級生がオグンが入ったチームが勝つに決まってんだしと言う。

オグンは一人で無理なら二人で止めればいい、だからチームスポーツは楽しいんだと言う。

そんな時、また森羅とアーサーの言い合いが聞こえる。

二人は互いにヒーロー!騎士!と言い合っていた。

 

炎炎ノ消防隊243話ネタバレ感想!

 

オグンの戦闘能力高すぎ

やっぱりオグンは倒されていませんでしたね。

互いに背負うものがある者同士の戦いは本当に面白い。

敵であろうと感情移入してしまいます。

カロンの戦闘能力はやっぱり高いですね。

オグンの攻撃を読んだうえでのカウンター。

さすがにオグンもそこまでは読めていなかったみたいです。

カロンは能力もさることながら、体格的にも打撃系の体格です。

打撃だけでも凄まじい威力の上にエネルギー放出とか、ほとんどの人間は一撃でやられるんじゃないでしょうか。

だからこそオグンが立ち上がったときに一瞬動揺していましたからね。

 

オグンて人として素晴らしい

訓練校時代のオグンの人柄、まさに神。

首席で入学した超エリートなのにそんなことは気にせず。

森羅の入学式のヒーロー志向の台詞がオグンは気にいったんでしょうね。

ヒーローになる、騎士になるとかなかなか言えないですからね。

そう言い切る二人に対してオグンは信念がある二人だと思ったんじゃないでしょうか。

消防官もそうですがスポーツでもチームが大切。

いくら個人能力が高くてもチームプレイが必要な場合は尚更ですよね。

大概個人プレーに走る人に対して周りが説得するんですが、オグンの場合は逆でしたからね。

一人で無理なら二人でやればいい。

カロンを倒すカギは絆という部分にありそうな気がしますね。

 

まとめ

今回は炎炎ノ消防隊243話ネタバレ最新確定と感想!オグンの訓練校時の思い出とは?と題してお届けして来ましたが如何でしたでしょうか。

オグンは炎炎ノ消防隊になくてはならない存在です。

ただ、カロンもずっとハウメアの傍にいてハウメアのことを見ているのがなんかいいですよね。

次回は11月18日(水)発売の244話についてお届けします。

最後までお読み頂き有難う御座いました。