ゴールデンカムイネタバレ最新260話確定と感想!鯉登と房太郎の行方は?

ゴールデンカムイネタバレ最新260話確定と予想!鯉登と房太郎の行方は?
Pocket

今回はゴールデンカムイ(金カム)ネタバレ最新260話確定と感想!鯉登と房太郎の行方は?と題してお届けしていきます。

2020年11月19日(木)発売のヤングジャンプでゴールデンカムイ(金カム)の260話が掲載されました。

前話の259話では房太郎がなぜ金塊を狙っているのか。

また、房太郎と鯉登の戦いが描かれました。

詳しくは「ゴールデンカムイネタバレ最新259話確定と感想!房太郎に捕まったアシリパを助けるのは?」についてご覧ください。

それではゴールデンカムイ(金カム)ネタバレ最新260話確定と感想!鯉登と房太郎の行方は?について見ていきましょう。

またゴールデンカムイ(金カム)の最新刊23巻は既に読みましたか?

まだ読んでいない、もう一度読み返したいという方には電子書籍がお勧めです。

電子書籍なら今すぐ無料で読めますし、わざわざ書店に行って売り切れということもありません。

また、ゴールデンカムイのアニメも見れるのでお勧めです。

>>今すぐゴールデンカムイを無料で見る<<

 

 

ゴールデンカムイ260話最新確定速報!死守

 

月島は鯉登とアシリパどちらを優先するのか

鯉登が月島を呼んだ瞬間に背後から房太郎に襲われビール洪水の中へ。

月島が地下に下りた時にはアシリパ一人だけ。

月島がアシリパに何があった?鯉登少尉はどこだ?と問いかけるも逃げようとするアシリパ。

アシリパを捕まえた月島は、ビール洪水の中にいる鯉登を発見する。

アシリパが月島に引きずり込まれたと伝える。

月島はアシリパを抱えながら、ビール洪水の方を見るも今はアシリパの確保が優先と判断する。

アシリパの表情が必死なのが切ないです。

 

鯉登が房太郎に殺されかける

ビール洪水の中で房太郎に後ろから首を絞められる鯉登。

房太郎に比べ水中の中は不利な鯉登は徐々に意識が遠のき白目をむく。

と、そこに月島が現れ房太郎の顔面を蹴り鯉登を助ける。

月島が房太郎に銃を打ち込むと、房太郎の右わき腹を貫通する。

もう一発月島が撃とうと装填している間に房太郎は逃げてしまう。

鯉登は水中に銃口を向けながら鯉登に急いで上がって下さい、戻ってくるかもしれないと声を掛ける。

 

月島苦渋の決断

鯉登が月島に「アシリパはどうした!?」と声を掛ける。

その頃アシリパは通路を歩いていた。

鯉登は「まさか貴様・・・アシリパそっちのけで助けに来たのか」と掴みかかる。

月島は目をそらしただ一言「すみません」

馬鹿すったれ!!

鯉登は月島に怒号を浴びせどちらを優先するべきか間違えるなと言う。

鯉登の気持ちは分かりますが、月島の苦渋の決断だったんですよね。

以前の月島なら間違いなくアシリパを優先していた筈ですが、月島は同じ立場の鯉登を見捨てることが出来なかったんでしょう。

 

二階堂のお手柄

廊下を突き進むアシリパ。

あれ?

まさかのアシリパの前に現れる二階堂。

アシリパは咄嗟に刃物で二階堂を襲う。

二階堂が真剣白刃取りならぬまさかの右手人差し指と薬指でアシリパの刃物を受け止める。

その瞬間、二階堂の薬指からおはしが・・・・

おはしは見事にアシリパの額に命中し、そのまま二階堂に捕まえられてしまう。

まさかここでおはしが役に立つとは(笑)

 

アシリパの身元は鶴見中尉の元へ

二階堂がアシリパを連れた先には鶴見中尉の姿が。

鶴見は二階堂に褒めの言葉をかけるも、二階堂は杉本が生きていたことを鶴見に文句を言う。

あそう、でもよかったじゃない。

何てそっけない鶴見中尉の返し。

月島と鯉登も鶴見中尉のもとに現れる。

鯉登が鶴見中尉に房太郎には逃げられた、杉本や牛山もいたから土方陣営もこのビール工場のどこかに・・・と言い口をつぐむ。

鶴見中尉はよくわかった、鯉登少尉、だが深追いする必要はないと言う。

鶴見中尉に報告している鯉登を見る月島の目が怖いですね・・・。

鯉登いつのまにか普通に鶴見中尉と話してるじゃないですか。

 

杉本と房太郎が激突

アシリパを確保した鶴見中尉は刺青人皮は目標枚数が揃った。

これ以上無駄な戦闘で兵を減らすことはならん、アシリパ確保!!

全員で死守だと伝える。

その頃地上に出た房太郎。

そこへ杉本が銃を構えながら向かってくる。

アシリパさんを返せ!!

 

門倉さんおやすみなさい

ビール工場の外で白石たちをまつ牛山や土方。

もう少し待ってこなければ私が行くと土方が言う。

キラウシが門倉は?誰も見てないのか?

その時門倉は工場の中で横たわっていた。

火が燃え移る工場の中で土方に最後の別れを心の中で伝える門倉。

ビール工場の柱が倒れ建物に直撃する。

そこにいた門倉は・・・柱が直撃した振動で転がり落ち、柱が服に引っ掛かり宙づり状態。

そのまま流されるように外へと飛ばされ、地面にあった布団へベッドイン

柱が掛布団までかけ、空から飛んできたビール瓶が枕元へ。

ゴールデンカムイネタバレ最新260話確定と感想!鯉登と房太郎の行方は?

今週も最後は笑う展開で幕を閉じました(笑)

 

ゴールデンカムイ260話ネタバレツイート

ゴールデンカムイ260話を読んだ方の感想を紹介します。

 

まとめ

今回はゴールデンカムイネタバレ最新260話確定と感想!鯉登と房太郎の行方は?と題してお届けして来ましたが如何でしたでしょうか。

アシリパ確保はある程度予想していたのですが、房太郎が生きていましたね。

杉本と房太郎のこの後の展開が気になります。

次回は11月26日(木)発売の261話についてお届けします。

最後までお読み頂き有難う御座いました。