格付けチェックガクト連勝ストップ?ミスした理由やパートナーは?

格付けチェックガクト連勝ストップ?ミスした理由やパートナーは?
Pocket

今回は格付けチェックガクト連勝ストップ?ミスした理由やパートナーは?と題してお届けしていきます。

今年も話題の格付けチェック2020ですが、例年に比べ2時間早く放送時間が開始となりました。

毎年気になるのがやはり連勝中のガクト(GACKT)ではないでしょうか?

私も毎回ガクトの動向に一喜一憂しています(笑)

毎年素晴らしい成績を納めていた彼ですが今回3度目の連勝ストップとなりました!

ミスした理由やパートナーは誰だったのでしょうか。

それでは格付けチェックガクト連勝ストップ?ミスした理由やパートナーは?について見ていきましょう。

 

格付けチェックガクト連勝ストップ?

今年もネットでガクトの連勝がストップしたと大盛り上がりでしたね。

毎回毎回ガクトがミスするかしないかひやひやしながら見ている方も多いのではないでしょうか?

はっち
そうそう。やっぱりガクト様の答えが凄い気になるよね。
あけびちゃん
当たった時のガッツポーズも気になっちゃうもの。

今回の連勝ストップですが、実はチームとしては3度目の連勝ストップとなります。

但し、正確には個人成績の連勝ストップはならずに無事62連勝中となります。

62連勝という数字も凄すぎますよね。

一流芸能人というよりも、一流の人間と言ったほうが正しいんじゃないでしょうか(笑)

 

過去のチームでの連勝ストップは?

ちなみにチームでの連勝ストップは2回あります。

1度目は2016年のKis-My-Ft2の北山宏光さんと中山優馬さんと組んだ時ですね。

吹奏楽の問題で中山さんが学生楽団を選んで痛恨のミスを犯した時になります。

2度目は翌年のホリエモンと組んだ時になります。

まさかのホリエモンが音感の問題で聞き比べミスをしたときです。

まあホリエモンといえど音楽の専門ではないですからね。

 

格付けチェック2020で連勝ストップの予感があった?

実は2016年の盆栽の問題はたまたま当たったと本人が言っていました。

本物の盆栽とお菓子の盆栽の問題で当時ガクトさんも「わからない、チクショー」と言っています。

そして当たった時のガッツポーズは本気のガッツポーズでした。

普段は当たっても小さいリアクションだったのですが、この時は心からのガッスポーズでしたね。

ちなみにその問題が分からなかったため、その後盆栽の勉強を始めたみたいです。

そう考えると今まで連勝していた中でも運が悪ければ連勝はストップしていた可能性があります。

さらに今年のパートナーは誰?との質問にゴールデンボンバーの鬼龍院翔と分かった瞬間に嫌な予感がすると発言していました。

冗談なのか本気なのかは不明ですがその予感が当たってしまいました。

 

格付けチェックガクトミスした理由やパートナーは?

事前のインタビューの際「知識は誰にも奪われることのない財産」との名言が出ました。

この言葉は、すべての人に当てはまる素晴らしい言葉です。

知識があれば人生でミスをしたとしてもやり直しができます。

ちなみに前回では間違ったことに対し特に怒ってはいませんでしたが、今回は20周年ということもあり若干怒っていらっしゃったような。

今回ミスした理由ですが、残念ながら2問ともパートナーのミスによるものでした。

今回のパートナはゴールデンボンバーの鬼龍院翔さんでした。

格付けには1度ガクトと組んで、見事一流芸能人の結果を残しました。

しかしながら今回は第2問の吹奏楽で不正解となってしまい、更に最終問題の牛肉でも不正解。

4問挑戦してまさかの2問不正解でした。

ただ、連勝中のガクトと組むということは相当なプレッシャーがかかりますよね。

そんななか、2問は正解しているので素晴らしいのではないでしょうか。

 

格付けチェックガクト2020の成績は?

チェック1:「ワイン」正解(GACKT)

チェック2:「吹奏楽」不正解(鬼龍院翔)

チェック3:「社交ダンス」正解(二人)

チェック4:「味覚」正解(二人)

チェック5:「四重奏」正解(GACKT)

最後のチェック:「牛肉」不正解(鬼龍院翔)

 

格付けチェックガクト連勝ストップのツイッターの声は?

どちらかというより、パートナーの鬼龍院翔に対しての声が多く見られましたね(´;ω;`)

 

格付けチェックガクト連勝ストップ?ミスした理由やパートナーは?まとめ

今回は格付けチェックガクト連勝ストップ?ミスした理由やパートナーは?と題してお届けしてきました。

結論、GACKTは個人成績を更新し無事62連勝となります。

チーム戦であるかぎり連勝ストップのミスした理由も致し方ないかと思います。

パートナーの鬼龍院翔さんもGACKTさんのパートナーということで相当プレッシャーがかかっていたのではないでしょうか。

今回は残念ながら3度目のチーム連勝ストップとなりましたが、来年もぜひ挑戦して頂きたいと思います。

鬼龍院翔さんについてはこちらをご覧ください。

また、事前の記事についてはこちらをご覧ください。

人生何が起こるかわかりませんが、来年も格付けを楽しみに待ちたいと思います。

最後までお読み頂き有難う御座いました。