ブラクロ266話ネタバレ最新確定と予想!スペード王国への奇襲に備え準備が始まる

ブラッククローバー(ブラクロ)266話ネタバレ最新確定と予想!スペード王国への奇襲に備え準備が始まる
Pocket

10月1日最新話追記しました。

今回はブラッククローバー(ブラクロ)266話ネタバレ最新確定と予想!スペード王国への奇襲に備え準備が始まると題してお届けしていきます。

2020年10月5日(月)発売の週刊少年ジャンプにて「ブラッククローバー」の266話が掲載されます。

前回の265話ではリヒトとティティアの子孫たちの登場。

ノエル達ハート王国で戦った者たちの覚悟が語られました。

詳しくは前記事「ブラッククローバー(ブラクロ)265話ネタバレ最新確定と予想!ナハトがアスタに悪魔の使い方を伝授」をご覧ください。

それではブラッククローバー(ブラクロ)266話ネタバレ最新確定と予想!スペード王国への奇襲に備え準備が始まるについてご覧ください。

後半はネタバレになっているのでご注意ください。

またブラクロの最新刊25巻はもうご覧になりましたか?

まだ読んでいない、今までの話を読み返したいという方は電子書籍もお勧めです。

電子書籍なら今すぐ無料で読めますし、雨の中わざわざ書店に行って売り切れということもありません。

>>今すぐブラクロ最新刊を読む<<

 

ブラクロ266話ネタバレ最新予想!

 

ノエル達がエルフからマナゾーンを習得する

前号でリヒト達がノエル達に対してエルフの秘奥義・究極魔法を教える話になりました。

その前提としてマナゾーンの習得を教えるんじゃないでしょうか。

エリシュアは非常にマナが濃い場所となります。

悪魔に対抗するにはまずはヤミも使っていたマナゾーンの習得が必須ではないでしょうか。

マナゾーンを習得することにより、自身の力を増幅することで究極魔法を使えるようになるんじゃないかと思います。

 

アスタがナハトによって悪魔の力を習得する

ナハトは悪魔憑きではあれど悪魔を自身のものにしています。

悪魔の力を借りるたびに自分の体を代償にしていてはアスタの体がもちません。

というか、既に悪魔からもアスタにその旨は伝えています。

ナハトを見る限り自分の体を代償にしている雰囲気はありません。

今後アスタのアンチ魔法が必須になるとなればアスタの体を酷使せず悪魔の力を使えるようにならないと相手になりませんからね。

 

ユノも遂に悪魔憑きになる

ダークトライアドによってヴァンジャンス団長を連れ去られたユノ。

自分や金色の夜明けの騎士団のメンバーを守りながらも戦った団長。

ユノは誰よりも悔しく思っています。

本来であれば悪魔を望むことはなさそうなユノですが、今回はどんな力を使ってでもヴァンジャンス団長を取り戻そうとするんではないでしょうか。

既にマナゾーンを習得しているユノですが、短期間で更に成長するにはシルフの力だけでは厳しいんじゃないかと思います。

 

ブラクロ266話ネタバレ予想ツイート!

 

ブラクロ266話最新確定速報!暗い園の誘い

 

ハート王国参戦決定

まぁこれに関しては今更という感じですが、ユリウスがハート王国のガジャと交信。

3日後の早朝にスペード王国へ攻め込むがハート王国はどうすると問う。

もちろん、ガジャとしても女王を捉えられたまま引き下がるわけにはいきません。

またハート王国にいるクローバー王国の騎士団メンバーも再戦に向けて準備を進めているとのこと。

ガジャ達もエルフのもとで力をつけているので3日後に合流する感じですね。

 

ナハトが黒の暴牛の騎士団に対して説教

遂に黒の暴牛の騎士団の前に現れたナハト。

メンバーに対して厳しい発言をしていく。

酒を飲んでばかりのはしたない魔女、女性にだらしがなかった空間魔導士、元囚人の没落貴族、見るからに悪そうなヤンキー丸出しの下民、見るからに悪そうな挑発的なマスクの下民、その他諸々。

確かにナハトの言うことは間違ってはないですが。

それに対してグレイが見た目で判断しないでと反論する。

見た目で判断されたくなければそういう見た目をするなよ。

ナハトの言うことにも一理ある。

ナハトは実は悪そうなやつが良いことをしてその差で好感度を上げるようなのが嫌いだとのこと。

初めからずっといい人間が一番偉いと。

これは過去に何かある言い方ですね。

そしてそれでもヤミを救いたいのなら2日間で強くなれと言ってその場を去る。

 

ナハトがアスタを連れて行ったのは元ナハトの家?

ナハトはアスタを連れてとある元貴族の家に連れていく。

その家には昔の家族の写真立てが。

どう考えてもナハトの幼い頃の写真です。

そして、もう一人同じようなこの顔は消されています。

恐らくナハトの双子の兄弟ではないでしょうか。

以前にナハトはジャックが以前に見たと言ったことに対し「そいつはもういない」と言っています。

そして今回も黒の暴牛が嫌いだけど魔法騎士として動ければいいと断言しています。

今後ナハトの過去が語られる可能性もありそうですね。

 

アスタが従魔の儀で悪魔と対峙

ナハトによるとアスタは悪魔の力を使いこなしている訳じゃないと。

ただ悪魔から垂れ流されている力を利用しているだけ。

その為悪魔と契約をし正式に自分の力にする禁忌の儀式”従魔の儀”を行うとのこと。

本来は悪魔に因縁があるものが異物を使い現世への悪魔召還を一時的に可能にするとのこと。

これでナハトの悪魔が4体だということがはっきりしました。

ナハトの首にかかっている異物が悪魔との因縁がある異物だったんですね。

但しアスタは異質で、アスタという存在自体が悪魔と浅からぬ因縁を持っていると。

ナハトは影魔法”暗い園の誘い”を使用し別の場所へと移動する。

そしてアスタの悪魔を降臨させる。

悪魔が現れたことによりアスタの右腕がなくなる。

ナハトはアスタに二日間悪魔と戦って勝つことを支持する。

アスタの悪魔、なんとなくアスタに風貌が似ているような気が。

悪そうな感じの悪魔ですね。

 

まとめ

今回はブラッククローバー(ブラクロ)266話ネタバレ最新確定と予想!スペード王国への奇襲に備え準備が始まると題してお届けして来ましたが如何でしたでしょうか。

遂にスペード王国との戦いが始まります。

エルフによって究極魔法を得たノエル達、そしてナハトによって悪魔の使い方を習得したアスタ。

この先の展開も非常に気になります。

次回は10月12日(月)発売の267話についてお届けします。

最後までお読み頂き有難う御座いました。

>>ブラッククローバー(ブラクロ)最新刊無料で電子版を読む方法は?

>>ブラッククローバー(ブラクロ)最終回ネタバレ予想!