ひろゆきはなぜフランス在住?妻・ゆかさんも同居している?

ひろゆきはなぜフランス在住?妻・ゆかさんも同居している?
Pocket

2ちゃんねるの創設者であり、YouTubeでも人気の「ひろゆき」さん。知識があり、個性的なキャラクターで有名ですね。現在はフランス在住とのことですが、なぜフランスを選んだのか気になったことはありませんか?フランスではどんな生活をしているのか、ひろゆきさんの妻であるゆかさんも同居されているのか、調べてみました。

ひろゆき 経歴について

高校卒業後は中央大学に進学し、心理学を学んでいたひろゆきさん。在学中に2ちゃんねるの全身となる「Hirox’s room」を開設したり、起業してプログラム作成の仕事を請け負い、プログラミングやシステム構築を学んだりいます。

その後、在学中に遭ったバイク事故の慰謝料でアメリカのアーカンソー大学に留学。その時の経験からヒントを得て、1999年5月に「2ちゃんねる」を開設しました。大学卒業後も就職はせずに、2ちゃんねるの運営に携わっています。

ひろゆき フランス移住の理由は?

ひろゆきさんは、2015年からフランス在住です。今では、英語圏最大の匿名画像掲示板「4chan」を買収し、管理人を努めています。ひろゆきさんがフランスに移住を決めた理由やきっかけは、大きく2つあるようです。

ひろゆき 妻のゆかさんの希望

もともと、日本での生活に飽きて海外での生活を考えていた、ひろゆきさん。その時に候補に上げていた国がカナダ、ブラジル、マレーシア、フランス、ポルトガルだったそうです。その中から、妻のゆかさんが選んだのが「フランス」だったんですね。ゆかさんはどの国にするか聞かれた時、ひろゆきさんにとって目新しいかどうか、英語でない言語も使われているか、など考えて選んだようです。

ビジネス拡大のため

フランス語は、英語圏の人による「覚えて得する言語ランキング」で第2位にランクインす言語です。海外のビジネスシーンにおいても、フランス語を話せることは武器になります。そのため、ひろゆきさんは仕事の幅が広がることも考えて移住先を選んだようです。フランス語を全く話せず、一度も勉強しないまま移住に至ったそうですが、「習うより慣れろ」の精神で、難なく乗り切っている様子です。

賠償金問題という話も・・・

ひろゆきさんが作った「2ちゃんねる」は、当時最大級の匿名掲示板でした。それ故に、2ちゃんねるの書き込み削除を巡って、多数の民事訴訟が起こされ、ひろゆきさんは敗訴。30億の負債を抱えることになりました。しかし、敗訴になっても支払わなければならないという法律が存在しないことから、ひろゆきさんは賠償金を払わなかったそうです。

このことから、「賠償金の支払いを逃れるために、パリに移住したのでは?」と疑う方もいたようです。しかし、ひろゆきさんがフランスへ移住した2015年には、訴訟は全て時効を迎えていることや、それまではずっと日本で生活していたことから、賠償金問題とフランス移住は関係がないようです。

ひろゆき フランスでの生活

フランス語を一切勉強せずに移住したひろゆきさんですが、今では日常会話に困らないくらいのフランス語を話せるそうです。パリは山手線の内側の範囲のサイズなので、移動は自転車、満員電車に乗らなくても良いので快適とのこと。

フランス移住を決めた理由の1つに「妻・ゆかさんがフランスを選んだ」ということもあり、ゆかさんと一緒にフランスで生活されているようです。ゆかさんのTwitterは、ひろゆきさんの話題が絶えませんし、結婚後も仲良しでいられるのは素敵ですね!