3人のアーティストがコラボ!Vaundyプロデュース「おもかげ」とは?

3人のアーティストがコラボ!Vaundyプロデュース「おもかげ」とは?

今話題沸騰中のアーティスト「Vaundy」。皆さんもテレビやYouTubeなどで一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

そして記憶に新しいのが昨年末のNHK紅白歌合戦でのVaundyさん、miletさん、Aimerさん、幾田りらさんらの「おもかげ」という曲を歌うパフォーマンス。紅白歌合戦をきっかけにVaundyさんらを初めて知ったという方も多いのではないでしょうか。

今回はそんなVaundyさんプロデュースの「おもかげ」という曲について、それぞれのアーティストさんも深堀りしながらまとめていきたいと思います。

Vaundyとは

Vaundyは日本のシンガーソングライターで、現役の美術系の大学に通いながら活動をしています。そのためまだ22歳という若さです。

略歴

作曲活動を始めたのは中学生のころからで、高校生の時には動画配信サービスのニコニコ動画でボーカロイド曲のいわゆる「歌い手」としても活動していました。また、音楽塾にも通い、本格的に音楽の勉強もしていました。

2019年6月に自作曲「pain」のミュージックビデオをYouTubeに投稿しました。

その後同年9月にシングル「東京フラッシュ」を配信。この曲が注目を集め、ミュージックビデオの再生回数は2カ月で100万回再生を突破しました。現在この曲の再生回数は5,600万回を超えています。

2020年にはネクストブレイクアーティスト10組が選ばれる「Early Noise2020」に選出、加えて「SPACE SHOWER RETSUDEN NEW FORCE」の2020年度ラインナップにも選出され注目度を高めていきました。

同年5月には1stアルバム「strobo」をリリースしました。そのアルバムに収録されている「灯火」がドラマ「東京ラブストーリー」の主題歌に抜擢されました。そのほかにも収録曲の「不可幸力」がSpotifi Premium全国地上波テレビCMに起用され、Vaundyの名が知れる一つのきっかけになりました。

12月には「オールナイトニッポン0」のラジオパーソナリティーも務めました。

2021年以降も勢いは加速し、楽曲「不可幸力」がストリーミング再生累計1億回を突破しました。

また同年7月には12thシングル「花占い」が、中川大志さん、新木優子さん出演のドラマ「ボクの殺意が恋をした」の主題歌に起用されました。

2022年は9月に自身初となる日本武道館でのライブを2日間開催し、多くのファンを熱狂させました。

そして12月31日にはNHK紅白歌合戦に初出場し、楽曲「怪獣の花唄」を披露しました。加えて自身プロデュースの楽曲「おもかげ」に自身も歌唱参加しました。

そして2023年は1月14日から3月26日までワンマンライブ「Vaundy one man live tour 2023 Spring」を開催し、全国を回ります。

「おもかげ」とは

前述のとおり、紅白歌合戦での歌唱で注目を集めた楽曲「おもかげ」。

作詞・作曲・プロデュースをVaundyが行っており、歌唱をmilet、Aimer、幾田りらが担っています。

この曲が生まれた背景としては、大人気のYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」内のコラボ企画の第二弾として発表されました。前述の3人が楽曲を歌う映像はYouTubeでの公開後1週間で800万回再生を超えるほどの人気でした。その映像は現在では5,000万回再生を超えています。

また、Vaundy自身も本作をセルフカバーしており自身のYouTubeチャンネルでも公開されています。

参加アーティスト

milet

日本の女性シンガーソングライターであり、読み方はミレイ。

歌唱力と表現力に定評があり、2020年にはNHK紅白歌合戦に初出場しそのパフォーマンスで注目を集めました。

また、2020年東京オリンピックの閉会式には「愛の賛歌」の歌唱パフォーマンスも披露し、人気女性アーティストの一人です。

Aimer

日本の女性歌手、作詞家であり、読み方はエメ。

2016年にRADWIMPSの野田洋次郎さんが楽曲提供、プロデュース、コーラスを手掛けたシングル「蝶々結び」をリリースしました。この曲はテレビ番組のミュージックステーションでも披露され、Aimerの名前を一気に有名にするきっかけになりました。

その後も「カタオモイ」や「茜さす」といった曲をリリースし、若い女性を中心に人気を集めています。

幾田りら

日本のシンガーソングライター、歌手であり、読み方は「いくたりら」。

Ayaseとともに音楽ユニットYOASOBIのメンバーとしても活動しており、多くの人気楽曲を輩出しています。きれいな歌声と高い表現力が魅力で1stシングル「夜に駆ける」は大ヒットを記録しました。

その後もYOASOBIとして「群青」や「怪物」、「アンコール」など多くの楽曲をリリースしており、その楽曲一つ一つがYouTubeで数多く再生されています。

最後に

昨年の紅白歌合戦で注目を集めた、Vaundyプロデュースの「おもかげ」について紹介しました。Vaundyも歌唱している3名のアーティストも絶大な人気を誇っており今回コラボしたアーティストそれぞれが今後どのような楽曲やパフォーマンスを見せてくれるのか非常に楽しみですね。